地震にそなえて

地震をなくすこととか、台風のコースをかえることは出来ません
しかし、このような天災に対して備えることは可能です。最低限
考えられる対応をしておくことは必要なのではないでしょうか?
転ばぬ先の杖として、あなたの住まいを把握しておきましょう。


耐震診断から耐震補強までのフロー

   耐震診断


耐震診断とは想定される地震に対する安全性を検討することであり、基本的には現地調査をして診断します。(建築したときの図面があればなお良い)
現地及び図面での診断となりますが、見えない部分については図面等での予測になる場合があります。
部分的に解体調査及び屋根裏・床下に入って調査をした場合には診断結果精度は最高値となります。
 補強計画
耐震診断結果で問題があった場合に、データをもとに補強設計をし、補強計画をたてます。
 耐震補強
補強計画に基づいて耐震補強工事を施工
耐震補強工事が必要な場合、床・壁・天井の
1部分を解体しないと施工できない場合があります。
  

耐震診断の見積にあたって
 


見積依頼される場合は下記事項をお知らせ下さい

1.何年頃の建築・構造は木造?・階数は何階建?
2.住宅の総面積および各階の面積?
3.建築図面の有無
4.鉄骨及び鉄筋コンクリート造は図面及び構造計算書を用意してください
5.プレハブ造は耐震診断できませんので、メーカーに問合わせてください

見積書はメールかFAXにて送付させていただきます
    TEL:027-224-1381 FAx:027-224-1383